KICTEC

文字のサイズ
標準
お問い合わせ

ソーラーシステム何でもコーナー

LEDの発光原理

発光ダイオードまたはLED(Light Emitting Diodeの略、”光を発するダイオードという意味)といいます。

ダイオードに順方向電圧をかけると、下図のようにダイオードの中を電子と正孔が移動して電流が流れますが、なかにはお互いにぶつかってしまう電子と正孔があります。このように電子と正孔がぶつかると、その二つは、磁石のN極とS極のように引き合って、くっついてしまいます。これを再結合といいますが、再結合すると、電子と正孔がバラバラだったときにそれぞれがもっていたエネルギーをあわせたよりも小さなエネルギーになるので、あまった分のエネルギーが光になって出てきます。