文字のサイズ

COMPANY

中部事業所紹介

中部事業所紹介

「より良い製品」の製造のために

中部事業所は、創業以来培われた技術力を集結した工場となります。道路標識製造・路面標示用塗料製造をはじめ、電子関連・広告宣伝関連・各種試験機器など様々な設備を揃えております。これからもお客さまのニーズにお応えできるよう「より良い製品」を製造してまいります。お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄り下さい。

生産本部 部長 稲生 義雄

中部事業所でできること

道路標識製造

設計レイアウトから製造まで一貫して高い品質で道路標識を製作しています。

路面標示用塗料製造

高度な技術により、耐久性や視認性の高い路面標示用塗料を全自動プラント設備にて、製造しています。

品質を支える試験機器

タイヤ走踏試験機

道路の標示や道路鋲の耐久性を測定する装置。タイヤによる衝撃や摩耗に強い製品づくりを進めています。

道路鋲の検査

配線の確認を行いながら組み付けたあと、タイヤ走路試験機などを使いながら耐久性を確認。動作チェックを行っていきます。

サンシャインウェザーメーター

昼間の紫外線や、夜間の結露を人工的に再現します。高い促進性で、その状況下で長時間使用された場合の耐久性を検査します。

夜間視認性能試験室

全長100メートルの試験室。夜間時の全天候を再現することで、あらゆる条件下での標識板や路面表示の視認性を検証していきます。

恒湿恒温槽

各種試験片の温度の一定化や太陽電池をはじめとする電子部品の温度サイクル試験を行う装置です。

視認性能試験塔

標識板を実際の高さに設定し、車両から標識板の昼夜の見え方、再帰反射性の視認性を評価します。

JIS工場試験

J I S 項目に基づく製品検査を毎日行い品質の高い製品を出荷しています。

万能試験機

圧縮試験、引張試験、曲げ試験など付属装置によって多様な試験ができる試験機です。最大荷重は50kN(5000kgf)

中部事業所へ問い合わせる